ダイレクトメールで売れるデザイン・テンプレートの特徴

ダイレクトメールで売れるデザイン・テンプレートの特徴 ダイレクトメールは消費者に直接届けられるという点において、かなりの効果が期待できる宣伝広告です。 ゆえに世に中には多くのダイレクトメールが氾濫しており、消費者の印象に残るようなテンプレートが必要とされています。 ダイレクトメールで売れるデザインやテンプレートの特徴としては、注意を向けていない対象の中から発見されやすい指標とされる遊目性の高さが重要です。 色彩は鮮やかな暖色系で白と赤、黒と黄色などコントラストの強い配色、文字の読みやすさに関わる可読性が高いひな型が人気があります。 言葉を覚えていない小さい子供や外国人にも伝わるようにイラストに富んだ装飾や、青色の色別能力が低くなった高齢者でも読みやすいような色のパターンにすることも大切です。 近年はユニバーサルデザインの認知度とともに、視覚にハンデのある人でも伝わるようなダイレクトメールになっていることが強く求められており、必要な情報がすぐに理解できる図案の需要が高まっています。

ダイレクトメールのデザインをおしゃれにするポイントを紹介

ダイレクトメールのデザインをおしゃれにするポイントを紹介 せっかくダイレクトメールを作るなら、デザインをおしゃれにしたいと思う人は多いでしょう。専門の業者に頼むのもいいですが、自分で工夫してみるのもおすすめです。ダイレクトメールのデザインをおしゃれにするポイントは、まず文字情報を整理して配置することです。基本的なことですが、上端を揃えたり左端に揃えたりするだけで、すっきりとして見た人に知的な印象を与えられます。この時余白をとることも重要です。文字の大きさや量で余白の調整をして下さい。文字のフォントにも気を配りましょう。例えばゴシック体は少しポップな印象を与えますし、明朝体は上品な印象を与えます。多種類のフォントを使うのは読みにくいのでおすすめできません。また使う色を3、4色程度に抑えると統一感が生まれ、センスアップした印象を与えます。写真やイラストを使う場合は1つに絞るとすっきりするので良いでしょう。これらのポイントを抑えて素敵なダイレクトメールを作って下さい。